Analysis of Problems Related to the Elderly Living Alone and Development of an IT Based Support System

Authors

  • MIYAKO TAKAGI Tokyo Online University

DOI:

https://doi.org/10.14738/assrj.101.13788

Abstract

最近の日本では、65 歳以上の高齢者の一人暮らしが増加傾向にあります。一人暮らし高齢者の悩みとしては、体調の急変による孤独死や、人との接触不足による認知症の進行などがあります。これらの課題を解決するため、ITを活用した独居高齢者支援システムを開発しました。このシステムは、一人暮らしの高齢者の急激な体調変化を検知し、アバターとの日常会話を通じて孤独感を和らげ、認知症の進行を遅らせることができるかもしれません。

Downloads

Published

2023-01-12

How to Cite

TAKAGI, M. (2023). Analysis of Problems Related to the Elderly Living Alone and Development of an IT Based Support System. Advances in Social Sciences Research Journal, 10(1), 113–120. https://doi.org/10.14738/assrj.101.13788